トップページ > コース・講座案内 > 日本画科

日本画科

繊細で大胆!自在な表現へ
繊細で大胆!自在な表現へ

■昼間部(月曜〜土曜 9:00〜16:00)

■夜間部(月曜〜土曜 17:00〜20:00)

■基礎部(17:00〜20:00)

●スピード把握術●

日本画の入試採点ポイントとして重視される「観察力」と「描写力」。完成まで繰り返される飽くなき観察と、それに基づき展開される徹底した描画のために、充分な時間を必要とします。そこで効果的なのが「スピード把握術」。出題されるモチーフの構造や全体感、描写ポイントを、瞬時に捉え理解し表現へと繋げていきます。この描き出しの一連の流れを的確に把握する技術を身につければ、本当の実力を存分に発揮できるようになります。

限界まで鍛えます。

毎日が入試体験

○実感の湧く模擬課題

過去5年間に入試に出題されたものに極めて近い課題を繰り返し学習します。入試課題再現授業がもたらす影響は図りしれません。「実際に入試に出題された課題」という意識での継続した取り組みによって、学習成果が目に見えて違ってきます。この実践的な課題は、生徒に確固たる自信と実力をもたらします。大学ごとの傾向別過去問題では、多くの合格者作品や合格再現作品と比較していく中で、自身の弱点や問題点を発見、克服していくことでしょう。この繰り返し学習によって生徒の実力を合格レベルまで確実に繋げます。

対象別クロッキー術

○クロッキー指導を積極的導入

一概にクロッキーといっても、課題内容や出題モチーフによって目的やポイントが異なります。石膏像には形態と陰影重視のクロッキー、静物には空間と質感重視のクロッキー、人物には構造と量感重視のクロッキーなど。それぞれに特化したクロッキーの重要項目を詳細に伝授します。クロッキー力を備えたアトリエ卒業生は美術大学でも高い成績をおさめています。これは、ただの入試対応というだけでなく、あらゆる表現に通じるかけがえのない力だということの証明です。

「百聞は一見に如かず」見て学ぶ学習

○デモンストレーション指導

美術の指導というのはただ教えるだけでは成り立ちません。アトリエでは講師が実際に生徒と共に課題を制作します。その内容は、描き出しから完成まで通して制作するだけに留まらず、生徒の描画上の問題点については、具体的に解説をしながらその制作過程を見せていきます。理想的な描画方法だけでなく、過った描き方も同時に示しながらのデモンストレーションは、個別指導だからこそ可能となる学習です。その手間を惜しまない丁寧で濃密な指導は、他の美術予備校とは比較にならない充実の内容です。

生徒作品例

作品画像

作品画像

作品画像

作品画像

作品画像

詳しく知りたい方にはパンフレットをお送りします

資料請求はこちら